1.設計を見る

ForkMe!にログインすると、設計の一覧/詳細が閲覧できます。


一覧を見る

1. 共通ヘッダの左端にある「一覧」ボタンをクリックすると、設計の一覧が表示されます。

2. 共通ヘッダの右端には、現在利用している言語のかかれたボタンがあります。表示言語を切り替える場合はクリックしてください。

3. 左端の検索条件エリアを使って、設計を検索してください。

4. 一覧画面では、各設計の概要が以下のように表示されます。

1: 公開/非公開の種別、設計がフォーク(複製)された数
2: 設計のタイトル 
3: 設計のID
4: 設計で利用するクラウドの種類アイコン
5: rps(性能指標)、円/月(概算コスト)
6: 設計者が記述した説明
7: 操作ボタン(詳細を開く、ブックマーク、フォーク)
8: 各種の設計指標
9: 権限を持つユーザー
10: ForkMe!が設計データから自動生成した要約

詳細を見る

1. 一覧画面で各設計の「開く」をクリックすると、詳細画面が表示されます。

2. 詳細画面の左側には、設計レポートが表示されます。 「詳細」タブには設計の内容、「ファイル」タブには設計を構成するファイルの一覧が表示されます。 注意:これらは設計コードから自動生成されるため、直接編集することはできません。
レポートの読み方は「レポートの活用」をご参照ください。

3. 詳細画面の右側には、設計を編集するコードエディタが表示されます。
編集方法は「編集」をご参照ください。

2.新しい設計をつくる

ForkMe!にログインした後、設計の一覧または詳細画面のボタンで新しい設計がつくれます。 なおスマートフォンを利用した設計の作成はサポートしないため、本操作はPCで行ってください。


一覧から新規追加

一覧画面の左下にある「新しい設計」を押すと、新しい設計の追加ダイアログが開きます。 設計のタイトルを入力して、「作成」ボタンを押してください。

また「アップロードエリア(オプション)」にJSON/YAML形式のファイルをドラッグ&ドロップするかアップロードボタンを押すことで、 お手持ちのデータを設計に追加できます。なおファイル名はjson/yaml拡張子つきの半角英数字になるよう自動補正される点にご注意ください。 (設計の本体となるCDD形式(Cloud Design Specification)のファイル名は「CloudDesignRoot」に変換されます)

設計の詳細画面で保存ボタンを押すと、作成が完了します。 (保存を参照)
注意:保存が完了する前にブラウザを閉じると、追加はキャンセルされる点にご注意下さい。


一覧から複製

一覧画面で各設計の中段にある「ForkMe!」ボタンを押すと、複製された新しい設計が開きます。 コードを変更して、保存ボタンを押してください。 (保存を参照)
注意:保存が完了する前にブラウザを閉じると、複製はキャンセルされる点にご注意下さい。


詳細から複製

1. 一覧画面で各設計の中段にある「開く」を押すと、詳細画面が開きます。

2. 次に詳細画面の右上にある「ForkMe!」ボタンを押すと、表示中の設計を複製した新しい設計が開きます。 コードを変更して、保存ボタンを押してください。 (保存を参照)
なお、保存が完了する前にブラウザを閉じると、複製がキャンセルされる点にご注意下さい。

3.設計を編集する

自分で作成/複製した設計、または編集権限を付与された他者の設計を編集できます。 なおスマートフォンを利用した設計の編集はサポートしないため、本操作はPCで行ってください。


編集

1. 詳細画面上部中央のプルダウンリストをクリックして、編集したいファイルを選択します。 ファイル数が多い場合は、上部左「ファイル」タブをクリックしてファイル一覧を表示すると便利です。 なお、プルダウンリスト右の「?」マークをクリックすると、現在のForkMe!が対応しているコード種別が確認できます。
「cloudDesignRoot」で利用するCDSの言語仕様はこちら

2. ファイルを選択したら、編集画面右のコードエディタを使って設計を編集してください。 なお、文法チェックに対応する種類のコードでは、キーワードにカーソルをあわせるとコードヒントが表示されます。 コードヒント中に含まれるURLをクリックして、コードの仕様を確認しましょう。


レポートの更新

設計に変更を加えると、編集画面上部中央の白いボタンが赤く変わります。赤いボタンを押して、レポートを更新してください。

編集した内容が正しくレポートに反映されない場合(titleを入力したのにレポートが「タイトル未設定」になるなど)は、 コードを見直してください。文法チェックに対応する種類のコードでは、コードの問題が黄色や赤色の下線で表示されます。


ファイルの追加と削除

1. 詳細画面上部中央のプルダウンリストをクリックして、「cloudDesignRoot」を選択してください。 cloudDesignRootは、設計の中心となる「CloudDesign仕様」形式のファイルです。

2. コードエディタで、cloudDesignRootファイルの「resources」以下に、新しいファイル名を追加します。 削除したい場合には、ファイル名を取り除きます。 レポートを更新すると、ファイル一覧に新しいファイル名が追加され、削除したファイル名が取り除かれます。 resourcesの詳しい書き方は CloudDesign仕様のResource object項目をご参照ください。


保存

設計に変更を加えると、編集画面右上部の保存ボタンが赤く変わります。赤いボタンを押して、レポートを保存してください。
注意:編集権限のない設計の場合、設計を変更しても保存ボタンは赤くならず、保存はできません。


削除

1. 詳細画面右上部の歯車アイコンをクリックして、設定ダイアログを開きます。
注意:管理権限のない設計の場合、歯車アイコンはクリックできません。

2. 設定ダイアログの「削除」ボタンを押して設計を削除します。

4.設計を共有する

自分で作成/複製した設計、または管理権限を付与された他者の設計について、公開範囲を設定できます。 なおスマートフォンを使った公開範囲の設定はサポートしないため、本操作はPCで行ってください。


公開/非公開の設定

1. 詳細画面右上部の歯車アイコンをクリックして、設定ダイアログを開きます。
注意:管理権限のない設計の場合、歯車アイコンはクリックできません。

2. 「公開する」または「非公開にする」ボタンを押して、公開状態が変更できます。
なお新規作成/複製された設計の初期状態は「非公開」です。公開されると、ForkMe!にログインしている すべての利用者に対して設計が公開されます。
注意:クリックすると、公開/非公開の変更は即座に反映されます。設計の「保存」とは独立している点にご注意ください。


招待

1. 詳細画面右上部の歯車アイコンをクリックして、設定ダイアログを開きます。
注意:管理権限のない設計の場合、歯車アイコンはクリックできません。

2. 「招待」ボタンを押して、利用者の追加ダイアログを開きます。

3. 「ユーザー名」と「役割」を選択し、「招待」ボタンを押します。
ユーザー名はForkMe!に登録している利用者のニックネームです。存在しないニックネームを指定することはできません。
注意:招待をクリックすると、招待依頼は即座に送信されます。


権限の変更

1. 詳細画面右上部の歯車アイコンをクリックして、設定ダイアログを開きます。
注意:管理権限のない設計の場合、歯車アイコンはクリックできません。

2. 設定ダイアログの権限プルダウンをクリックして、メンバーの権限を変更できます。
また、ゴミ箱アイコンをクリックするとメンバーの参加を停止できます。
注意:クリックすると、権限の付与やはく奪は即座に反映されます。設計の「保存」とは独立している点にご注意ください。


作者を設計に記録する

作者の情報を設計に記録すると、設計の素性が明らかになります。共有の促進や協業に役立つため、以下手順で設計に作者を記録しましょう。

1. 詳細画面上部中央のプルダウンリストをクリックして、「cloudDesignRoot」を選択してください。 cloudDesignRootは、設計の中心となる「CloudDesign仕様」形式のファイルです。

2. コードエディタで、「info」中の「authors」に、作者を列記します。
レポートを更新し、レポート最下部の「関係者」が更新されることを確認してください。authorsの詳しい書き方は CloudDesign仕様のResource object項目をご参照ください。

3. 設計権限のあるForkMe!ユーザーと同じ名前の作者には、関係者の一覧で「認証済」マークが表示されます。

5.設計をデプロイする

閲覧権限のある設計では、デプロイ(クラウドの調達と配備)に必要なデータがダウンロードできます。 なおスマートフォンでのダウンロードはサポートしないため、本操作はPCで行ってください。


ダウンロード

1. 詳細画面のファイル一覧タブで、設計に1本以上のプロビジョニングコード(「PCD」マークのついたファイル)が含まれていることを確認します。プロビジョニングコードは、デプロイ(クラウドの調達と配備)に利用できるコードです。 プロビジョニングコードを含まない設計は不完全なため、設計者のコード登録を待つか、 別の設計をダウンロードしましょう。

2. 詳細画面右上部のダウンロードアイコンをクリックして、設計ファイルをダウンロードします。 ダウンロードファイルされるzipファイルには、ファイル一覧タブで確認できるすべてのファイルが 含まれています。
注意:閲覧権限のない設計、または権限があっても編集中の場合には、ダウンロードアイコンがクリックできません。編集中の場合、保存ボタンを押して編集を完了してからダウンロードを行ってください。


デプロイ

1. ダウンロードしたファイルから取り出したプロビジョニングコードを利用して、デプロイ(クラウドの調達と配備)を行います。プロビジョニングコードの使い方はクラウドベンダーによって異なるため、各社の説明をご参照ください。

Amazon Web Services (AWS) をデプロイする場合
ファイル一覧で「AWS CloudFormation」と表示されているファイルを取り出し、 デプロイ方法に従って利用します。
Google Cloud Platform (GCP) をデプロイする場合
ファイル一覧で「Google Cloud Deployment Manager」と表示されているファイルを取り出し、 デプロイ方法に従って利用します。
Microsoft Azureをデプロイする場合
ファイル一覧で「Azure Resource Manager」と表示されているファイルを取り出し、 デプロイ方法に従って利用します。
Alibaba Cloud をデプロイする場合
ファイル一覧で「Alibaba Cloud Resource Orchestration」と表示されているファイルを取り出し、 デプロイ方法に従って利用します。
Terraform をデプロイする場合
ファイル一覧で「Terraform」と表示されているファイルを取り出し、 デプロイ方法に従って利用します。

付録


ForkMe!とReindeer


ForkMe!はReindeerTechnologyPTE.LTD.の提供です。
Reindeerはクラウド活用の支援を通じ、すべての人々につくる力を届けたいと願っています。
誰もが自分の力でサービスを創造できる社会は、表現の自由や価値観の多様性をもたらすだけではありません。それはまた、すべての人々に対する富の再分配を促進し、世界中の人々に平等な富と幸福をもたらすと信じています。


ForkMe!

Reindeer Technology PTE. LTD.



商標

・アマゾン ウェブ サービス、Amazon Web Services、AWS、およびかかる資料で使用されるその他のAWS商標は、Amazon.com, Inc.またはその関連会社の商標です。
・Google、「 Google Cloud Platform (GCP) 」「 Google Cloud Platform (GCP) ロゴ 」は、 Google LLCの商標または登録商標です。
・Microsoft、Microsoft Azureは、米国Microsoft Corporationの、米国およびその他の国における登録商標または商標です。
・Terraformは、HashiCorpの登録商標または商標です。
・その他、記載されている会社名および商品・サービス名は各社の登録商標または商標です。